苫屋のこだわり①
三陸大槌の海で育った素材で作っています。

黒潮と親潮がぶつかりあう豊かな海

太平洋を南から流れてくる暖流の「黒潮」。そして、カムチャッカ半島沖を南下する寒流「親潮」。2つの海流がぶつかるのが、この三陸沖の海です。栄養分が豊富な親潮が黒潮に温められると、植物プランクトン、動物プランクトンが爆発的に発生。それを餌とする魚たちが集まることで、世界有数の豊かな漁場を形成しています。

大槌で獲れる主な魚

三陸・大槌の海の幸①

伝統の定置網漁で獲れる
活きのいいアキザケ

大槌のシンボルともいえるサケ。江戸時代には新巻鮭を発明し、江戸に送ることで莫大な財をなしたと言われます。ひょうたん島苫屋では、秋から冬にかけて大槌湾近海の定置網で獲れる新鮮なアキザケ(シロザケ)の燻製をラインナップ。アラスカ・ベーリング海を回遊し、ふるさと大槌に戻ってくる天然アキザケをぜひお試しください。
※宮城県産ギンザケ、静岡県産サクラマスの燻製もございます

三陸・大槌の海の幸②

プリッと濃厚!
地元産大粒真牡蠣が自慢

三陸の豊かな海では、良質な牡蠣が育ちます。ひょうたん島苫屋で使う牡蠣は、工場からわずか20分ほどの場所にある室浜で育った大粒の真牡蠣。身がしっかりと締まった大槌の真牡蠣は、丁寧に燻製にすることで濃厚で上品な旨みをたたえます。

牡蠣の商品ページを見る

三陸・大槌の海の幸③

地元・大槌の海で育った
大きく味の良いホタテ

牡蠣と並んで、養殖が盛んなホタテ。殻いっぱいに詰まったホタテの身は直径15cmクラスの特大サイズ。燻製にすることで旨みをギュッと凝縮し、やわらかく、食べやすく仕上げました。

ホタテの商品ページを見る

作りての顔が見えるから安心
自慢の海の幸を「地域の力」で商品化!

株式会社ひょうたん島苫屋は、経済産業省の補助を得て東京大学が実施した大槌イノベーション協創事業により、被災地の水産物を活かした特産品を開発し、平成27年6月、大槌に製造・販売の拠点を設立し事業を開始しました。新おおつち漁協女性部有志からなる大槌おさかな研究会のみなさんに製造や販売などのご支援をいただいております。

大槌おさかな研究会のメンバー

旬の魚介を仕入れるこだわり

燻製の原料である魚介の多くは、地元・大槌で獲れた新鮮なものを厳選して仕入れています。食べ応えのある大ぶりな牡蠣やホタテ、旬の季節を見極めた鮭・鱒は、三陸・大槌の誇りでもあります。

仕入れた魚介は迅速に下処理

新鮮な魚貝を仕入れたら、高い鮮度を保って下処理を行います。漁港からほど近いひょうたん島苫屋は、獲れたての新鮮な魚介を丁寧・迅速に下処理。その速さが、旨さの秘密です。

「HACCP(ハサップ)手法実践の店」認定を取得

食品の安全・安心を支える衛生管理手法として国際的に普及が進むHACCP(Hazard Analysis & Critical Control Point)。 当社が製造拠点をおく岩手県では、基幹産業のひとつである水産業を対象に「高度衛生品質管理地域づくりIFⓡHACCP(アイ・エフ・ハサップ)」という取り組みが進められています。
当社では(一社)岩手県食品衛生協会より、「HACCP手法実践の店」認定を受けております。消費者の皆様に安心してお楽しみいただける三陸・岩手・大槌の海の幸をお届けいたします。

新着情報

2019年9月7日~9月8日
タマガワグリーンマーケット(107)に出店
2019年8月17日
  • 催事・出店情報
  • 千葉県
  • 埼玉県
  • 岩手県
  • 東京都
  • 神奈川県
2019年8月30日~9月5日
いわて銀河プラザ苫屋セール(3)開催
2019年8月17日
  • 催事・出店情報
  • 千葉県
  • 埼玉県
  • 岩手県
  • 東京都
  • 神奈川県
お盆休みのお知らせ
2019年8月7日
  • お知らせ
  • 北海道
  • 千葉県
  • 埼玉県
  • 大阪府
  • 宮城県
  • 山形県
  • 岩手県
  • 愛知県
  • 東京都
  • 栃木県
  • 神奈川県
  • 福岡県
  • 福島県
  • 秋田県
  • 青森県
  • 静岡県
2019年8月17日~8月18日
8月のタマガワグリーンマーケットに出店します
2019年7月30日
  • 催事・出店情報
  • 千葉県
  • 埼玉県
  • 東京都
  • 神奈川県

お買い求めは
常設店・催事・オンラインショップで

常設販売店